見た目の美容の関心度が年齢性別問わずに広まることによって、タバコとシミは密接に関係していることがわかったのです。
シミとは肌の中にあるメラニン色素が表面にあらわれている状態です。
メラニン色素は代謝を行う際に分解されて血管の中に流し込まれ排出されるという形になります。
このメカニズムがうまく働けば予備軍であったとしても、シミが肌表面に出ることは少なくなります。

しかしタバコを吸うと話は変わります。
タバコはニコチンの鎮静作用に加えて、一酸化炭素などの毒性の強い物質が体の中に入ることで血管が収縮します。
血管が収縮するということは、血液の中に含まれている酸素や栄養素が十分に細胞に送られなくなります。
酸素と栄養を送り込まれなくなった細胞は徐々に活動力が落ちていき、本来肌の状態を新しい状態で維持するために動く力も落ちていきます。
そのため発生したメラニン色素が肌表面に現れた時に、本来分解されて消えるはずが代謝が動いていないのでそのまま残ってしまいます。

それが積み重なっていくと予備軍になります。
今度はタバコの煙によって有害化した悪性の活性酸素がメラニン色素に吸着すると、今度は代謝を受け付けない構造のメラニン色素に生まれ変わります。
これがシミをひどくするタバコのメカニズムです。
シミを放置すると、その部分だけが肌の色と違うだけでなく肌の老化を促進するので見た目よりも老けて見られることになります。

さらにシミが多いということは、それだけ不摂生をしていると思われるので対人関係においてもあまり良い印象を与えることができないです。
シミをクリアするためにはスキンケアを行いつつ、あまりにもひどい時には美容整形外科に赴いて対処してもらうことになります。
しかしこれは対処療法であり根本的な治療ではないです。
シミの原因がタバコの血流が悪くなっていることなので、やはりタバコ自体を少なくするか禁煙しないと一時的に消したところで再発することになります。

ニコチンが与える肌以外の美容に関する悪影響とは?

肌トラブルのシミはタバコが原因で起こる物ですが、実はシミ以外の肌トラブルもタバコと無関係ではないです。
例えば肌の老化現象の一つであるシワもその一つです。
シワは肌がくぼんで見えることです。
これは肌の中にあるコラーゲンがうまく合成できないために顔の表情を変えた時に窪みとして現れためです。
タバコは血流の流れを悪くすることで栄養が送られなくなるため、肝臓で作られたコラーゲンが肌に送り込めなくなることで起こります。

それ以外にもタバコのニコチンの被害は留まらず、最大の悪影響は乾燥によるダメージです。
肌の細胞に十分に栄養が送られなくなると肌の質が悪くなり、肌にとって必要な水分と皮脂が徐々に失われていきます。
皮膚にとって水分と皮脂は重要なものであり、このバランスが失われると一気に乾燥肌になってしまいます。
乾燥肌になると空気中の刺激物に対応できなくなるので荒れていきます。
その荒れが顔や胸などの皮脂が十分に出るところに現れれば、赤く炎症を起こす大人ニキビとして現れます。

さらに大人ニキビになるような肌を放置すると、今度はその部分だけでなく全身に炎症が起きます。
それを一般的にアレルギー性皮膚炎となり、さらに進行するとアトピー性皮膚炎として慢性化する事態にもなります。
タバコのニコチンが与える肌以外の美容に関する悪影響とは、タバコの影響によって肌のバリアが完全に破壊されることです。
そのためタバコを吸うのは嗜好品であるため自由ですが、吸う時にはそういったデメリットも起きることをあらかじめ考えておくことも大事です。
シミやそばかすそしてしわなどの初期症状が起きて、さらにアトピーなどが起きれば日常生活に支障をきたします。