巷には様々な美容効果のある成分が溢れていますが、その中でも特に注目を集めているのが「プラセンタ」です。
化粧品だけでな美容食品に配合されていたり、クリニックでの美容治療に用いられる事もあるエキスです。
年齢を重ねても若々しさや、美しさをキープしたいという方はプラセンタの美容効果についてチェックしてみましょう。

プラセンタは英語で「胎盤」という意味を持つ言葉です。
化粧品や美容食品に含まれるエキスは、馬や豚の胎盤から抽出されています。
クリニックでの治療で用いられるプラセンタは、人の胎盤から作られたものです。
なぜ、多くの美容系商品にプラセンタが使われているのかというと、色々な美容成分がバランスよく含まれており、美肌やエイジングケアに特化しているためです。

プラセンタにはタンパク質やミネラル類・ビタミン類といった、人間の健康維持に必要な5大栄養素に加え、アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンに成長因子などの美容成分も多く含まれています。
5大栄養素やアミノ酸は肌細胞を作り出す源になるので、美肌作りには欠かせません。
また、ヒアルロン酸は水分をキープする力に優れている成分ですので、乾燥肌対策におすすめです。

コラーゲンは肌にハリや弾力をもたらしてくれる物質ですので、シワやたるみ対策のエイジングケアとしてプラセンタは、補いたい美容成分と言われています。
さらにプラセンタが、エイジングケアに特化していると言われている理由の1つに、成長因子を含んでいる点が挙げられます。
成長因子は肌細胞の増殖や修復力をアップする働きがあり、肌の新陳代謝を高めるのが特徴です。
肌の新陳代謝が高まる事によって、どんどん新しい肌細胞が作られるだけでなく、シミやくすみの原因となるメラニン色素が、垢として排出する作用をスムーズにしてくれます。
このような働きが期待出来る成長因子を含むプラセンタは、美白効果も期待出来る美容成分とも言われています。

摂取方法としては、美容食品を活用するのが基本です。
化粧品で補う方法も良いのですが、さらに体の中にプラセンタの美容成分を取り込む事によって、さらに美肌やエイジングケア効果が期待出来ます。
摂取方法も手軽なので、毎日の美容ケアに取り入れてみてはいかがでしょう。

更年期障害改善のためにもプラセンタは用いられる

プラセンタエキスは美肌やエイジングケアといった美容効果だけでなく、更年期障害改善のためにも用いられています。
実際、医療機関ではプラセンタ製剤を更年期障害の治療として、処方している所も少なくありません。
プラセンタが更年期障害改善に効果が期待できる理由を知るには、まず更年期障害がなぜ起こってしまうのかを知る必要があります。

更年期障害は文字通り、更年期に起こりやすい症状で身体的・精神的に、様々な不調を感じるのが特徴です。
加齢によって女性ホルモンの分泌が急激に減ってしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい更年期障害が起こります。
ホルモンバランスの崩れは自律神経にも影響を与えるので、身体的・精神的な不調を感じやすくなるのが特徴です。

プラセンタは豊富な栄養素の相乗作用によって、女性ホルモンの分泌を整える効果があると言われています。
また、自律神経を整える作用もあり更年期障害で感じやすい、イライラ感や不安感など精神的な症状の緩和にも有効です。
多くの栄養素を含んでいるプラセンタは、更年期障害で起こりやすい症状の1つ、疲労の回復にも効果的です。

クリニックによってはプラセンタを直接注射で体内に入れて、更年期障害を治療している所もあるようです。
経口摂取と比較した場合、直接体の中に取り入れた方が効果が出やすいと言われています。
しかし、治療には副作用がつきものです。プラセンタでの治療にも、副作用がある事は知っておきましょう。

プラセンタ注射では注射をした所が、赤く腫れてしまったり青あざが出来てしまうケースがあるようです。
医療機関で処方されているプラセンタ製剤は、今まで副作用が報告された事はありません。
しっかりと医師の説明を聞き、正しく治療すれば安全性は高いと言えます。