しみやくすみのない白い肌に憧れている女性も多いでしょう。
美肌を手に入れるためには毎日のケアが大切と言われています。
毎日きちんとケアしても美肌効果が実感できないという場合、皮膚科で薬を処方してもらうという方法もあります。

病気でもないのに病院に行くのは抵抗があるという人もいるでしょう。
しかし、皮膚科のドクターは肌質や肌の状態をしっかりチェックしてくれますし、美肌に関する知識も豊富であると言えるのです。
また、肌トラブルの原因や状態は人によって異なりますし、きちんと診察を受けることで最適な治療を受けることができるのです。
病院で治療を受ける場合、市販の薬よりも成分濃度が高い薬を処方してもらえます。
そのため市販の美容液などよりも高い効果を期待できるでしょう。
もちろん薬以外のケアも続けることで複合的な効果が期待できます。

皮膚科ではさまざまな薬を処方してもらうことができますが、最近ではシナールという薬が人気となっています。
シナールとはビタミンCが主成分の薬であり、しみやそばかすに効果的なことはもちろん、ニキビや肌荒れなどさまざまな肌トラブルを解消してくれるということです。
また、ビタミンCの働きで腸内で鉄分の吸収を促進するという働きもあるため、貧血の予防のために使うこともできるでしょう。

美白と言えばビタミンCと言われており、興味を持っている人も多いかもしれません。
ビタミンCはメラニンの生成を抑制することができますし、メラニンの元となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても強いことも特徴です。
そのためできてしまったしみやそばかすでもしっかり消すことができるのです。
少しでも早くシナールの効果を実感したいという人もいるでしょう。
しかし、飲み方を間違えると効果が半減してしまうこともありますし、肌質によっては副作用のリスクもあるので注意が必要です。
肌のターンオーバーを整えるためにはある程度時間がかかると言われています。
ターンオーバーが整うことで効果が実感できるとされており、1ヶ月~2ヶ月程度は服用して様子を見ると良いでしょう。

シナールは市販薬としても販売されている

シナールはビタミンCとパントテン酸を配合したビタミン剤のことです。
そのためビタミンCやパントテン酸が不足している時に利用することになるでしょう。
また、メラニン色素の生成を抑えることができるため、しみやくすみの改善にも使うことができます。

複合ビタミン剤のシナールは病院で処方してもらうこともできますが、わざわざ病院まで行くのは面倒だという場合、薬局などで市販されているものを購入するという方法があります。
病院で処方された薬と市販薬の違いについて知りたいという人もいるでしょう。
処方薬は保険適用された場合、200錠で1200円程度となっています。
しかし、診察費などもかかってしまうため、4000円程度の費用がかかると考えられます。
また、美容目的で処方してもらう場合は保険が適用されないため、さらに費用が高くなってしまうでしょう。
皮膚科の中には診察や処方箋なしで購入できることもあります。
そのため事前に調べてから購入すると良いでしょう。

市販薬の場合は200錠で4000円程度で販売されています。
しかし、薬局やドラッグストアによって値段には差がありますし、安いところでは3000円程度で購入できることもあります。
皮膚科で直接販売されているものを購入するなら市販薬よりも安くなることもありますが、診察を受けてから購入する場合は市販薬の方が安くなることもあるでしょう。

肌トラブルを改善するためには薬を飲み続ける必要があります。
飲み続けることを考えると処方薬よりも市販薬の方が手軽に始めることができるでしょう。
基本的な効果は処方薬も市販薬も同じであり、病院で処方された薬の方が優れているというわけではありません。
また、薬の主成分は体に害のないビタミンCであり、重篤な副作用の心配などはないとされています。