どんなにスキンケア方法を変えたり、食事や生活習慣を変えても中々治らないニキビ、吹き出物の場合もしかすると原因は顔ダニかもしれません。
顔ダニというのはニキビダニ科ニキビダニ属に属する哺乳類の分泌線に寄生する生物で別名毛包虫とも言い、毛包に存在しています。
調査によると90万人中97%の人の顔に寄生しているという結果も出ており、ほとんどの人の顔に住み着いているという事です。

この顔ダニは主に顔の皮脂をエサとし、毛穴に卵を産み付けて生きています。
しかし皮脂を食べた後は肛門が無いのでそのまま毛穴の中で死んでしまい毛穴の中にバクテリアや排泄物をまき散らし、死骸自体も毛穴を詰まらせます。
ですから顔ダニが増殖しすぎるとバクテリアや死骸・糞により毛穴が詰まりやすくなり肌トラブルの原因となり、どんなにスキンケア方法を変えてみてもニキビが中々治らない方や顔にかゆみがある方、炎症が起きて赤ら顔が治らない方などは顔ダニが増えすぎている場合が考えられます。
しかも逆に顔ダニの数が少なすぎてもエサとなる余計な皮脂が増えすぎて皮脂バランスを崩しニキビや肌荒れの原因になりますので一般的には顔ダニの数は1㎠あたり15匹以下が理想とされ、16匹以上になるとかゆみや炎症などの肌荒れが起きやすく、ニキビの原因となります。
さらに40匹以上に増殖している場合は皮膚炎などの疾患になる場合もあるそうです。

なお顔ダニの数に関係なく、死骸や老廃物、卵の影響で皮膚が汚染されると抵抗力が弱まり、アレルギー症状が起こったり、さらに二次感染によって毛膿炎や膿疱性座瘡を起こす事もあるので気を付けなければいけません。
これらを解消するためには第一に肌を清潔に保つ事が必要です。
ちなみに顔ダニは夜に毛穴から顔の上に出て皮脂を食べて活動をするので、朝の肌にはダニの老廃物や死骸、バクテリア等が散乱しアレルギーやかゆみを起こしやすくなり、朝起きた時特に顔がかゆい方は顔ダニが原因と考えても良いでしょう。

顔ダニは死滅させられないのでうまく共生するしかない

どんな人の顔にも存在し死滅させられない顔ダニですが、増殖しすぎると様々な肌への影響が表れるのでバランスよく上手く付き合っていくしかありません。
特にニキビが出来てもいきなり赤く腫れる方や急激に乾燥肌になった方、顔がかゆくてしょうがない方、肌のハリが急になくなった方は顔ダニが増えすぎているので要注意です。
他にもマツゲが急に抜けやすくなった方も顔ダニが原因の場合が多いそうで、このように顔ダニが増えすぎる事で様々な症状が出てきます。
ですから最近では顔ダニ用の石鹸が市販されていたり、皮膚科で軟膏を処方してくれる場合もあるようですが、数が減りすぎても肌トラブルを招くため、出来れば毎日のケアでエサとなる顔の皮脂量を上手にコントロールして行く事が理想です。

なお顔ダニの数に影響する皮脂コントロールの方法としては、第一に洗顔が挙げられます。
また洗顔は朝起きた時の顔ダニの排泄物や死骸等を取り除くのにも有効ですので洗顔せっけんを使用し、朝夜の二回必ず行うようにします。
さらにメイクやUV等洗顔せっけんでは落ちない汚れはクレンジング剤も使用し皮脂同様にエサとなる毛穴に詰まったメイク汚れも落とすようにしましょう。
なお洗顔の際はお肌に負担をかけないように摩擦の少ないタップリの泡でクッションを作って洗い、必要な皮脂まで取り除かないようにお湯ではなくぬるま湯でしっかりと洗い流します。
そしてスキンケアの際は化粧水での保水をメインに乳液やクリームは適量を水分の蒸発を防ぐ蓋という感覚でお肌に乗せて行きます。
これだけでかなり顔ダニの量も抑えられ肌荒れも軽減していきます。

このようにちょっとした手間で肌トラブルの原因となる顔ダニ対h策が出来ますので、気になる方はぜひ試してみてください。